国内外ニュース

米国で年末商戦始まる ネット販売台頭、百貨店は苦戦か

 百貨店メーシーズの開店前に集まった客ら=23日、ニューヨーク(共同)  百貨店メーシーズの開店前に集まった客ら=23日、ニューヨーク(共同)
 【ニューヨーク共同】米国で感謝祭の23日、クリスマスにかけての年末商戦が始まった。消費者の購入意欲は高く、前年と比べ売り上げが増える見通しだ。手軽なオンライン販売が拡大する一方で、百貨店は苦戦が予想されている。

 ニューヨーク・マンハッタンの老舗百貨店メーシーズの旗艦店で午後5時にセールが始まると、客らが歓声を上げ店内になだれ込んだ。

 全米小売連盟(NRF)は、今年11~12月の売上高が前年同期比で最大4%増の6820億ドルになると予想。一方で、金融大手モルガン・スタンレーは「伝統的な百貨店などはアマゾンなどに市場シェアを奪われる」とみている。

(11月24日10時31分)

経済(11月24日)