国内外ニュース

東証、午前終値は2万2446円 円高進行で反落

 東京証券取引所=東京・日本橋兜町  東京証券取引所=東京・日本橋兜町
 休日明け24日午前の東京株式市場は、円高ドル安の進行を受けた輸出関連銘柄を中心とする売り注文が先行し、日経平均株価(225種)は反落した。午前終値は休日前の22日終値比77円02銭安の2万2446円13銭。東証株価指数(TOPIX)は3・54ポイント安の1773・54。

 22日のニューヨーク株式市場では、ダウ工業株30種平均が米国の感謝祭の休日を前に利益確定の売りが出たことから3営業日ぶりに反落しており、24日の東京市場でも投資家心理を冷え込ませた。

 三菱マテリアルの子会社による検査データ改ざん問題を受け、大手製造業に部品を販売する企業の銘柄も売られた。

(11月24日12時05分)

経済(11月24日)