国内外ニュース

退位後、旧高松宮邸で仮住まいに 両陛下、東宮御所改修の間

 東京都港区の高輪皇族邸(旧高松宮邸)  東京都港区の高輪皇族邸(旧高松宮邸)
 退位後の天皇陛下の住まいについて、天皇、皇后両陛下が転居する予定の東京・元赤坂の東宮御所を改修している間、港区の高輪皇族邸(旧高松宮邸)に仮住まいされる方向で調整が進められていることが24日、宮内庁関係者への取材で分かった。旧高松宮邸は現在使われておらず、修繕が必要。12月1日の皇室会議を経た退位の期日決定を受け、宮内庁は来年度予算案に経費を盛り込む。

 仮住まいの場所は、当初は元赤坂の赤坂御用地の赤坂東邸とする案が有力だった。しかし、陛下の退位後に皇位継承順1位の「皇嗣」となる秋篠宮さまが、要人などとの面会で赤坂東邸を使う可能性があり、見送られる見込み。

(11月24日16時50分)

社会(11月24日)