国内外ニュース

囲碁、井山が最多8棋戦優勝 天元防衛、全七冠堅持

 井山裕太天元  井山裕太天元
 囲碁の第43期天元戦5番勝負の第3局は24日、福岡県宗像市で打たれ、全七冠を持つ井山裕太天元(28)が171手で挑戦者の一力遼八段(20)に黒番中押し勝ちし、3連勝で防衛、七大タイトル戦を含めた棋戦優勝は1年間で最多の8回となった。

 井山天元は10月、史上初となる2度目の全七冠同時制覇を達成。このほか今年はNHK杯でも優勝しており、故坂田栄寿23世本因坊と自身の7回を上回った。天元戦では3連覇を達成し、通算6期目の獲得となった。

 これで、年内のタイトル防衛戦は終了し、全七冠を堅持。年明けは1月18日に一力八段を挑戦者に迎えた棋聖戦7番勝負がスタートする。

(11月24日18時01分)

文化・芸能(11月24日)