国内外ニュース

タカタ再生計画の提出延期 来年2月末

 経営破綻したタカタは24日、東京地裁への再生計画案の提出を来年2月28日に延期すると発表した。今月27日が提出期限だったが、東京地裁に申請して認められた。債権者への弁済の見通し確定に時間がかかるためという。

 タカタは欠陥エアバッグ問題のリコール(無料の回収・修理)費用がかさみ、今年6月に民事再生法の適用を東京地裁に届け出て破綻した。

 11月21日に、中国系の米自動車部品大手キー・セイフティー・システムズ(KSS)に事業譲渡することで最終合意したと発表した。来年3月までの取引完了を目指す。

(11月24日18時36分)

経済(11月24日)