国内外ニュース

「和解は息子の命生かす通過点」 シンドラー訴訟で母会見

 事故で亡くなった市川大輔さんの遺影を前に記者会見する母正子さん=24日午後、東京・霞が関の司法記者クラブ  事故で亡くなった市川大輔さんの遺影を前に記者会見する母正子さん=24日午後、東京・霞が関の司法記者クラブ
 東京都港区のマンションで2006年、住人の高校2年市川大輔さん=当時(16)=がエレベーターに挟まれ死亡した事故で、遺族がシンドラーエレベータ社などに損害賠償を求めた訴訟の和解が成立した24日、母正子さん(65)が記者会見し「和解はエレベーターの安全、再発防止に息子の命を生かすための通過点だ」と話した。

 正子さんらは事故の再発防止や原因究明を求めて08年から署名活動を始め、約46万人分を国に提出するなど奔走してきた。事故は国がエレベーターの新しい安全基準を導入する契機になった。

(11月24日18時50分)

社会(11月24日)