国内外ニュース

都市型競技、お台場周辺で 五輪組織委、IOCに提示へ

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が、若者に人気があり同五輪で初採用となる「都市型スポーツ」の会場をお台場周辺の臨海部に集める計画について、国際オリンピック委員会(IOC)に提示する案をまとめたことが24日、分かった。バスケットボール3人制とスポーツクライミングは青海地区、スケートボードと自転車BMXのフリースタイル・パークは近隣の有明地区で実施する方向となった。

 IOCと調整し、12月のIOC理事会での承認を目指す。このエリアは音楽などエンターテインメント性の高い演出も駆使し、大会中に若者が集う空間とする構想で、東京大会の目玉の一つとなる。

(11月24日23時06分)

国際大会(11月24日)