国内外ニュース

全日本体操、女子は日体大4連覇 世界選手権で金の村上が活躍

 4連覇を果たし、喜ぶ村上茉愛(右から3人目)ら日体大の選手=高崎アリーナ  4連覇を果たし、喜ぶ村上茉愛(右から3人目)ら日体大の選手=高崎アリーナ
 体操の全日本団体選手権第1日は25日、群馬県の高崎アリーナで女子が行われ、世界選手権で種目別床運動金メダリストの村上茉愛を擁する日体大が4種目合計160・850点をマークし、4年連続24度目の優勝を果たした。リオデジャネイロ五輪代表の杉原愛子らの朝日生命が153・650点で2位、リオ五輪代表の寺本明日香らの中京大が3位だった。

 村上は全4種目で演技し、跳馬で14・950点、床運動で14・250点の全体1位となって引っ張った。平均台は寺本が14・200点、段違い平行棒は畠田瞳(セントラル目黒)が14・250点の全体トップだった。

(11月25日19時25分)

スポーツ(11月25日)