国内外ニュース

北京で日本映画週間開幕 広瀬すずさん登場

 「日本映画週間」の開幕式で、贈られたパンダのぬいぐるみを抱える女優の広瀬すずさん(右)と是枝裕和監督=25日、北京(共同)  「日本映画週間」の開幕式で、贈られたパンダのぬいぐるみを抱える女優の広瀬すずさん(右)と是枝裕和監督=25日、北京(共同)
 【北京共同】中国で未公開の日本映画を中心に紹介する「日本映画週間」が25日、北京で始まった。開幕式では是枝裕和監督の「三度目の殺人」が上映され、出演した女優の広瀬すずさんらが舞台あいさつに登場。集まった中国のファンから大きな歓声が上がった。

 是枝監督は、中国映画界の巨匠、張芸謀監督に触れ「学生のころに張監督らの作品に出会い、中国映画の素晴らしさを感じた。自分の作品と一緒に北京の地を踏むことができて感慨深い」とあいさつ。広瀬さんは何度も練習したという中国語で自己紹介し「楽しんでください」と呼び掛けた。

 北京では12月10日までの間に12作が上映される。

(11月25日21時16分)

文化・芸能(11月25日)