国内外ニュース

サッカーACL、浦和が優勝 ラファエルシルバが決勝ゴール

 浦和―アルヒラル 後半、ゴールを決め、跳び上がって喜ぶ浦和・ラファエルシルバ。左は柏木=埼玉スタジアム  浦和―アルヒラル 後半、ゴールを決め、跳び上がって喜ぶ浦和・ラファエルシルバ。左は柏木=埼玉スタジアム  10年ぶり2度目の優勝を果たし、サポーターと記念写真に納まる浦和イレブン=埼玉スタジアム  10年ぶり2度目の優勝を果たし、サポーターと記念写真に納まる浦和イレブン=埼玉スタジアム
 サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は25日、埼玉スタジアムでホームアンドアウェー方式の決勝第2戦が行われ、浦和がアルヒラル(サウジアラビア)を1―0で下し、2戦合計2―1で10年ぶり2度目の優勝を果たした。

 敵地の第1戦を1―1で引き分けた浦和は、0―0の後半43分に武藤のパスに反転して抜け出したラファエルシルバが第1戦に続き、ゴールを決めた。日本勢のACL制覇は2008年のG大阪以来、9年ぶり3度目。大会の最優秀選手にはMF柏木が選ばれた。

 12月6日(日本時間7日)からUAEで開催されるクラブワールドカップにアジア代表として出場する。

(11月25日21時56分)

サッカー(11月25日)