国内外ニュース

バリ島火山がまた噴火 被害なし

 【ウブド(インドネシア・バリ島)共同】インドネシア国家災害対策庁は25日、バリ島東部アグン山で同日、再び噴火が起きたと明らかにした。被害は確認されておらず、バリ国際空港の発着便に影響は出ていない。

 同庁によると、山頂から約1500メートルの高さまで噴煙が上がった。アグン山は21日、約半世紀ぶりに噴火したが、小規模にとどまっていた。火山地質災害対策局が分析を継続。噴火警戒レベルを4段階の上から2番目のまま据え置いており、引き上げる予定はないとしている。

 国家災害対策庁によると、依然として約2万5千人が避難生活を続けている。

(11月26日0時35分)

国際(11月26日)