国内外ニュース

バリ島火山が連続噴火 煙の高さ最大4キロ、空港は稼働

 26日、インドネシア・バリ島で噴火したアグン山を見詰める村人(AP=共同)  26日、インドネシア・バリ島で噴火したアグン山を見詰める村人(AP=共同)
 【ウブド(インドネシア・バリ島)共同】インドネシア・バリ島東部アグン山が25日から連続的に噴火し、火山地質災害対策局は26日、噴煙の高さが山頂から最大4キロに達したと明らかにした。負傷者の報告はない。バリ島の国際空港では、この影響で豪州の航空会社などの発着便に欠航が相次いでいるが、空港は稼働している。

 火山地質災害対策局によると、26日の噴火による噴煙は高さ2~4キロに上り、バリ島の東にあるロンボク島方面へ流れている。火山性地震の目立った増加は観測されていない。

 インドネシア国家災害対策庁は26日、周辺住民に対し、防護マスクの配布を始めたと発表した。

(11月26日16時45分)

国際(11月26日)