国内外ニュース

フィギュア男子、無良は7位 スケートアメリカ、チェンが優勝

 男子フリーで演技する無良崇人=レークプラシッド(共同)  男子フリーで演技する無良崇人=レークプラシッド(共同)
 【レークプラシッド(米国)共同】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ最終戦、スケートアメリカ第2日は25日、レークプラシッドで行われ、男子ショートプログラム(SP)7位の無良崇人(洋菓子のヒロタ)はフリーで8位の137・72点を出し、合計212・77点で7位だった。第1戦のロシア杯を制した18歳のネーサン・チェン(米国)が合計275・88点で今季GP2連勝を果たした。

 ペアはアリョーナ・サブチェンコ、ブルーノ・マソ組(ドイツ)が合計223・13点で優勝した。

 女子SPには宮原知子(関大)坂本花織(シスメックス)が出場する。

(11月26日8時31分)

スポーツ(11月26日)