国内外ニュース

ラグビー帝京大が対抗戦単独優勝 リーグ戦は東海大が2位

 帝京大―筑波大 前半、トライを決める帝京大・竹山=秩父宮  帝京大―筑波大 前半、トライを決める帝京大・竹山=秩父宮
 ラグビーの関東大学リーグは26日、東京・秩父宮ラグビー場で行われ、対抗戦は既に7連覇を決めている帝京大が筑波大を64―26で下し、7戦全勝で2年連続の単独優勝を果たした。

 リーグ戦は東海大が流通経大に31―5で勝ち、6勝1敗とした。流通経大は5勝2敗。

 リーグ戦は全日程を終了し、1位が大東大、2位は東海大、3位は流通経大、4位は法大で、5位以下は中大、日大、拓大、関東学院大。上位4チームが全国大学選手権に進み、優勝の大東大は準々決勝から、2~4位は3回戦から出場する。

(11月26日16時45分)

スポーツ(11月26日)