国内外ニュース

人文字で巨大「ピカチュウ」描く 千人参加、佐賀・吉野ケ里

 佐賀県の吉野ケ里歴史公園で開かれたイベントで、参加者が人文字で描いたピカチュウ=26日(小型無人機から、県提供)  佐賀県の吉野ケ里歴史公園で開かれたイベントで、参加者が人文字で描いたピカチュウ=26日(小型無人機から、県提供)
 人気アニメ「ポケットモンスター」に登場するキャラクター「ピカチュウ」を人文字で描くイベントが26日、佐賀県の吉野ケ里歴史公園(吉野ケ里町、神埼市)で開かれ、親子連れやアニメファンら千人が参加した。

 幅広い世代が親しむポケモンを通じて佐賀を盛り上げようと、地方創生事業の一環で県などが企画した。黄、赤、白など5色のシャツと帽子が用意され、参加者は図案に沿って指定されたものを着用。小型無人機ドローンによる映像で立ち位置を調整しながら、縦横約20メートルの愛らしいピカチュウを完成させた。

 悪の組織「ロケット団」が乗る「ニャース気球」を再現した熱気球も登場した。

(11月26日19時50分)

暮らし・話題(11月26日)