国内外ニュース

久保がJ1リーグ戦に初出場 16歳5カ月、史上3番目の年少

 広島戦の後半途中から出場したFC東京・久保=Eスタ  広島戦の後半途中から出場したFC東京・久保=Eスタ
 J1のFC東京のMF久保建英が26日、エディオンスタジアム広島での広島戦の後半22分から出場し、J1リーグ戦初出場した。ドリブル突破などで高い技術を披露し「緊張はなく、ピッチにすぐに溶け込めた」と話した。16歳5カ月22日でのデビューは、15歳10カ月6日の森本貴幸(当時東京V、現川崎)、16歳1カ月14日の宮吉拓実(当時京都、現広島)に次ぐ史上3番目の年少記録。

 久保はバルセロナ(スペイン)の下部組織でプレーした経験を持つアタッカー。FC東京のユース所属だった4月にJ3最年少得点記録を樹立し、5月のYBCルヴァン・カップの札幌戦でJ1公式戦初出場した。

(11月26日17時21分)

サッカー(11月26日)