国内外ニュース

40度目Vの白鵬は14勝1敗 年間最多勝は最少の56勝

 40度目の優勝を果たし、日本相撲協会の八角理事長から賜杯を受け取る横綱白鵬=福岡国際センター  40度目の優勝を果たし、日本相撲協会の八角理事長から賜杯を受け取る横綱白鵬=福岡国際センター
 大相撲九州場所千秋楽(26日・福岡国際センター)14日目に2場所ぶり40度目の優勝を決めた横綱白鵬は大関豪栄道を上手投げで下し、14勝1敗で終えた。今年の56勝目で、年6場所制となった1958年以降で最少の年間最多勝となった。豪栄道は9勝6敗。

 御嶽海は嘉風との関脇対決を引き落としで制し、9勝6敗とした。嘉風は6勝9敗。新三役の小結阿武咲は勝ち越した。

 2横綱1大関を破った貴景勝が11勝4敗で2度目の殊勲賞を獲得した。11勝の隠岐の海と、最年長再入幕で勝ち越した39歳の安美錦が敢闘賞。北勝富士が技能賞を初受賞した。

(11月26日18時26分)

相撲(11月26日)