国内外ニュース

八角理事長、白鵬関が異例の謝罪 暴行問題「うみ出し切る」

 千秋楽を迎えた大相撲九州場所の日本相撲協会あいさつで、横綱日馬富士関の暴行問題について謝罪する八角理事長。右は横綱白鵬関=26日、福岡市の福岡国際センター  千秋楽を迎えた大相撲九州場所の日本相撲協会あいさつで、横綱日馬富士関の暴行問題について謝罪する八角理事長。右は横綱白鵬関=26日、福岡市の福岡国際センター
 日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)と横綱白鵬関は大相撲九州場所千秋楽の26日、横綱日馬富士関(33)の暴行問題について異例の謝罪をした。八角理事長は協会あいさつで「ご迷惑をお掛けしたことを心よりおわび致します」と述べ「一日も早い解決」に努める意向を表明。40度目の優勝を果たした白鵬関はインタビューで「力士代表としておわび致したい」とし、事態を究明して「うみ」を出し切ることが必要との考えを示した。

 白鵬関は日馬富士関が平幕貴ノ岩関を暴行した10月下旬の酒席に同席しており、27日以降に鳥取県警の事情聴取や、相撲協会危機管理委員会の聞き取りに応じる予定。

(11月26日19時15分)

相撲(11月26日)