国内外ニュース

千葉、酒気帯び容疑で警部逮捕 高速道で運転

 千葉県警高速隊は26日、飲酒し高速道路で運転したとして、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、同県警富津署地域課長の警部板橋英希容疑者(44)=同県富津市海良=を現行犯逮捕した。高速隊によると、千葉市花見川区の京葉道路上り幕張パーキングエリアで、乗用車同士の物損事故を起こし発覚。「全て事実です」と容疑を認めている。

 板橋容疑者は同パーキングエリアで駐車しようとして、前方に止まっていた40代女性の乗用車に衝突。女性が110番し、駆け付けた警察官の呼気検査で基準値超のアルコールが検出された。女性にけがはなかった。

(11月26日19時56分)

社会(11月26日)