国内外ニュース

韓国前大統領、出廷せず 公判再開も延期

 韓国の前大統領、朴槿恵被告(聯合=共同)  韓国の前大統領、朴槿恵被告(聯合=共同)
 【ソウル共同】巨額の収賄罪などに問われ、弁護団の交代によって中断していた韓国の前大統領、朴槿恵被告の公判が27日、ソウル中央地裁で約40日ぶりに再開された。朴前大統領は健康問題を理由に出廷しなかった。出廷を拒否したとみられる。地裁は、本人が欠席したため公判を28日に延期すると決めた。韓国メディアが報じた。

 朴前大統領は10月13日に地裁が最長6カ月の勾留延長を認めたことに反発。同月16日の公判で「政治報復」と批判し「裁判所への信頼はなくなった。今後の裁判は裁判所の意向に任せる」と出廷拒否の姿勢を示していた。弁護団も勾留延長に抗議するとして全員が辞任した。

(11月27日11時01分)

国際(11月27日)