国内外ニュース

東証、改善報告書を要求 不正会計の富士フイルムHDに

 東京証券取引所は27日、不正会計問題を起こした富士フイルムホールディングス(HD)に、経緯や再発防止策を記した改善報告書を提出するよう要求したと発表した。提出期限は12月11日。

 富士フイルムHDは、傘下で事務機器を扱う富士ゼロックスのオーストラリアとニュージーランドの販売子会社が、売り上げの過大計上をはじめとする不正な会計処理をしていたことが発覚した。過去6年間で純利益を計375億円水増ししていたと明らかにし、今年7月末に決算をさかのぼって訂正した。

 東証は、開示されていた情報に虚偽があり上場規則に違反していたと判断した。

(11月27日11時05分)

経済(11月27日)