国内外ニュース

法務省の総合センター落成 研修、矯正施設を集約

 東京都昭島市の「国際法務総合センター」=8月(法務省提供)  東京都昭島市の「国際法務総合センター」=8月(法務省提供)
 八王子医療刑務所(東京都八王子市)など、都内や近郊にある法務省の研修施設や矯正施設を集約する「国際法務総合センター」(東京都昭島市)の落成式が27日、開かれた。各施設の老朽化で整備の必要に迫られていた。9施設を6施設に再編し、庁舎の維持管理や警備などを民間委託することで業務の効率化を図るとしている。

 落成式では、葉梨康弘法務副大臣が「法務行政をさらに発展させたい」との上川陽子法相のあいさつを代読した。

 米軍立川基地跡に建設され、全体の敷地面積は約12万5千平方メートルと東京ドーム2・7個分。既に矯正研修所と公安調査庁研修所などの運営が9月に始まっている。

(11月27日17時20分)

社会(11月27日)