国内外ニュース

ラグビー日本代表仏遠征から帰国 ジョセフ氏「いい土台」

 ラグビー日本代表が27日、1勝1分けの好結果を残したフランス遠征から羽田空港に帰国した。タックルの精度など防御面で大きく進歩が見られ、就任2年目の代表活動を終えたジョセフ・ヘッドコーチは「いい土台がつくれた。チーム文化が次のレベルに入った」と明るい表情で話した。

 遠征2試合は、トンガ代表をノートライに封じて39―6で快勝し、ワールドカップ(W杯)準優勝3度のフランス代表とは23―23で初めて引き分けた。フランカーのリーチ主将(東芝)は「プロセスが結果につながり、みんなが(方向性を)信じ始めている」と話した。

(11月27日17時36分)

スポーツ(11月27日)