国内外ニュース

横審、日馬に「厳しい処分必要」 判断は持ち越し

 横綱審議委員会の定例会合に臨む日本相撲協会の八角理事長(奥左)。手前は北村正任委員長=27日午後、東京・両国国技館  横綱審議委員会の定例会合に臨む日本相撲協会の八角理事長(奥左)。手前は北村正任委員長=27日午後、東京・両国国技館
 大相撲の横綱日馬富士関による暴行問題で揺れる日本相撲協会の諮問機関、横綱審議委員会(横審)が27日、東京都墨田区の両国国技館で定例会合を開き、日馬富士関には「非常に厳しい処分が必要」との見解で一致した。相撲協会への答申となる横審の決議には引退勧告や休場勧告、注意などがある。横審としての判断は持ち越した。

 また、横審の決議を踏まえた協会の処分には解雇、出場停止などがある。

 記者会見した横審の北村正任委員長(毎日新聞社名誉顧問)は今回の問題に「ファンの期待を裏切るもの」と批判した。

 また、鳥取県警は横綱白鵬関を28日にも参考人として聴取する方針を固めた。

(11月27日21時46分)

相撲(11月27日)