国内外ニュース

手術で体内にワイヤ、愛知・豊橋 5日後死亡、遺族に賠償へ

 愛知県豊橋市は27日、市立豊橋市民病院で2011年12月、狭心症の手術で誤って切断したワイヤ(太さ0・35ミリ)を男性患者=当時(65)=の体内に残すミスがあり、男性は手術5日後に急性心筋梗塞で死亡したと発表した。市は、医療ミスが死亡に影響した可能性があるとして、遺族に賠償金約913万円を支払う議案を12月議会に提出する。

 市によると、ミスがあったのは冠動脈内の石灰化した部分をドリルで削るカテーテル手術。

 男性の遺族が今年7月、名古屋簡裁に損害賠償を求めて調停を申し立てた。遺族側と病院側の弁護士が協議して決めた。

(11月27日18時11分)

社会(11月27日)