国内外ニュース

バリ島、空港閉鎖で混乱 対応追われる航空会社

 27日、インドネシアのバリ国際空港で、多くの便の欠航を知らせる掲示板(AP=共同)  27日、インドネシアのバリ国際空港で、多くの便の欠航を知らせる掲示板(AP=共同)
 【デンパサール共同】インドネシア・バリ島東部アグン山(標高3千メートル超)の噴火で、バリ州の州都デンパサール郊外クタにあるバリ国際空港は27日、火山灰の影響で閉鎖され、航空会社は振り替え便の手続き用カウンターを設けるなど対応に追われた。空港は情報を求める乗客で混乱した。

 バリ島は、日本人も多く訪れる国際的に有名な観光地。州政府観光局によると、空港では航空会社が緊急を要する乗客に対し、首都ジャカルタのある隣の島、ジャワ島の国際空港から出発できるよう手配している。

 州政府観光局は、バリ国際空港がアグン山から離れているため、直接の被害の恐れはないと強調した。

(11月27日18時51分)

国際(11月27日)