国内外ニュース

「小池知事は都政専念を」 「都民の声」に3600件

 東京都がメールや電話などで募集している「都民の声総合窓口」に、9、10月の2カ月間で小池百合子知事の政治姿勢に関する意見が計3635件寄せられたことが27日、都の集計で分かった。小池氏が9月25日に希望の党を自ら立ち上げたことに対し「都政に専念してほしい」との趣旨が大半だったという。

 都によると、8月まで知事への意見は月数百件だったが、9月は2057件、10月は2839件と急増した。そのうち9月は1541件、10月は2094件が知事の政治姿勢、政治活動に関する意見で、都の担当者は「集約すると大半は『都政に専念して』という内容だった」としている。

(11月27日18時56分)

社会(11月27日)