国内外ニュース

兵庫教育大でアカハラ 元教授の暴言に賠償命令

 兵庫教育大大学院に通っていた中学教諭是常美穂さん(54)が、所属ゼミの担当だった浅川潔司元教授から暴言や無視などの嫌がらせを受け、研究が中断させられたとして、元教授と大学に慰謝料など計約1千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、神戸地裁姫路支部は27日、大学と元教授に計約130万円の支払いを命じた。

 惣脇美奈子裁判長は、元教授の行為は人格を傷つけ、裁量権を乱用したアカデミックハラスメントと判断した。

 判決によると、是常さんは12年4月に入学。「あんたは発達障害だよ」の暴言や、論文の研究データを「捨てろ」と言われるなどして、同年8月にはゼミ変更を強いられた。

(11月27日19時36分)

社会(11月27日)