国内外ニュース

電車走行中に運転士が喫煙 JR東、処分検討

 JR東日本は27日、横須賀線で男性運転士(55)が喫煙しながら電車を運転していたと発表した。運行に影響はなかったが、処分を検討している。

 JR東によると、運転士は23日午後9時50分ごろ、横須賀線武蔵小杉―西大井間で普通電車を運転中にたばこを1本吸った。2日後に乗客から「運転席からたばこの臭いがした」との指摘があり、調査に喫煙を認めた。数年前から、運転席で喫煙することがあったと説明しているという。

 電車内での喫煙は禁止されており、現在、運転士は乗務から外れている。JR東は「乗務員への指導を徹底する」とコメントした。

(11月27日20時21分)

社会(11月27日)