国内外ニュース

貴乃花親方の拒否疑問視、横審 定例会合で意見

 大相撲の横綱日馬富士関による暴行問題について27日に開かれた日本相撲協会の諮問機関、横綱審議委員会(横審)の定例会合で、協会の危機管理委員会による貴ノ岩関の聴取を師匠の貴乃花親方(元横綱)が拒否していることを疑問視する意見が出た。

 北村正任委員長(毎日新聞社名誉顧問)は横審の関わる問題ではないと前置きした上で「理事という立場であって、協会全体が進めることに、それをぶち壊すような動きをしているのではないかという疑念、不可解だという意見がほとんど」と各委員とのやりとりを説明した。

 同親方は26日の貴乃花部屋九州場所千秋楽パーティー後に帰京した。

(11月27日22時07分)

相撲(11月27日)