国内外ニュース

セクハラ疑惑の男性排除 ノーベル文学賞晩さん会

 【ロンドン共同】ノーベル文学賞の選考主体スウェーデン・アカデミーに近い文化界の有力者の男性にセクハラ疑惑が浮上した。アカデミーは12月10日に予定される授賞式後の晩さん会から排除、出席させないことを決め「男性と一切の関係を断つ」と発表した。地元メディアが27日までに伝えた。

 男性はスウェーデンのストックホルムにある文化施設の館長で、名前は報じられていない。地元紙が先週、2007年にパーティーでこの男性に体を触られたとするスウェーデンの女性作家の証言を報じた。

 1996年から今年にかけて男性からのセクハラなどを訴えている女性は少なくとも18人に上るという。

(11月28日5時21分)

国際(11月28日)