国内外ニュース

米金融保護局で暫定トップ2人 「泥沼の権力闘争」

 米消費者金融保護局(CFPB)の局長代行を兼務することになり、記者団に話すマルバニー氏=27日、米首都ワシントン(ロイター=共同)  米消費者金融保護局(CFPB)の局長代行を兼務することになり、記者団に話すマルバニー氏=27日、米首都ワシントン(ロイター=共同)
 【ワシントン共同】米政府の独立機関で、金融規制の一端を担う消費者金融保護局(CFPB)を舞台に、規制緩和を進めたいトランプ大統領と、抵抗するCFPB高官が「泥沼の権力闘争」(米メディア)を繰り広げている。局長辞任を機に、新局長就任までの暫定的トップとなる局長代行が2人となる異常事態となっている。

 オバマ前政権時代に就任したコードレイ初代局長は今月15日に辞任を発表。勤務最終日の24日、局長代行にイングリッシュ副局長を指名した。これに対しトランプ氏も同日、ホワイトハウス行政管理予算局(OMB)のマルバニー局長にCFPBの局長代行を兼務させる人事を発令した。

(11月28日5時51分)

経済(11月28日)