国内外ニュース

ロシア2選手のソチ「金」剥奪 ドーピング、失格者は19人に

 ソチ冬季五輪のボブスレー男子4人乗りで金メダルを獲得したロシアチーム=2014年2月(ゲッティ=共同)  ソチ冬季五輪のボブスレー男子4人乗りで金メダルを獲得したロシアチーム=2014年2月(ゲッティ=共同)
 【ジュネーブ共同】国際オリンピック委員会(IOC)は27日、ロシアの国ぐるみのドーピング問題を受けて2014年ソチ冬季五輪で採取した同国選手の検体を再検査した結果、ボブスレー男子4人乗りで金メダルを獲得したアレクセイ・ネゴダイロとドミトリー・トルネンコフら5選手の違反を認定して失格処分とし、五輪から永久追放すると発表した。

 バイアスロン女子24キロリレーで銀メダルメンバーのイアナ・ロマノワとオリガ・ビルヒナも含まれ、一連の処分者は計19人となった。メダルは剥奪される。

 IOCは来年2月に迫った平昌五輪へのロシアの参加可否を12月5日の理事会で判断する。

(11月28日8時30分)

国際大会(11月28日)