国内外ニュース

東レ子会社が検査データ改ざん 08年から149件、13社に

 子会社の製品検査データ改ざんについて、記者会見で頭を下げる東レの日覚昭広社長(手前)ら=28日午前、東京都中央区  子会社の製品検査データ改ざんについて、記者会見で頭を下げる東レの日覚昭広社長(手前)ら=28日午前、東京都中央区
 東レは28日、子会社の東レハイブリッドコード(愛知県西尾市)が製品検査データを改ざんしていたと発表した。2008年4月から16年7月に149件あり、タイヤメーカーなど13社に、約束した仕様を満たさない不正なタイヤの補強材などを納入していた。東レは昨年7月の不正把握から1年以上公表しておらず、情報開示の姿勢を問われそうだ。

 東レは経団連の榊原定征会長を出している名門の繊維大手。今回の不正は榊原氏が社長、会長時代に起きていたことも判明した。神戸製鋼所や三菱マテリアル子会社に続くデータ改ざんの発覚で、日本の大手製造業への信頼が一段と低下するのは必至だ。

(11月28日12時16分)

経済(11月28日)