国内外ニュース

自民、教育無償化を明記せず 憲法改正推進本部のたたき台

 自民党憲法改正推進本部(本部長・細田博之前総務会長)は28日午前、党本部で全体会合を開き、大学など高等教育を含む教育無償化に関する改憲規定のたたき台として、「無償」との表現を明記しない案を提示した。出席者から異論は出ず、教育費の負担軽減に向けた国の努力義務を定める条文を新設する方向で検討に入る。

 自民党は28日で、改憲を目指す4項目の項目別議論の2巡目を終えた。来年の通常国会で党の改憲案を各党に示すため、来月も推進本部会合を開く。細田氏は会合冒頭「今後、これまでの議論を踏まえて基本的な方向性の合意を得るべく、精力的に議論を進めたい」と述べた。

(11月28日10時46分)

政治(11月28日)