国内外ニュース

八角理事長が暴行問題を謝罪 スポーツ庁は説明責任求める

 スポーツ庁の鈴木大地長官(右)に謝罪する日本相撲協会の八角理事長=28日午前、スポーツ庁  スポーツ庁の鈴木大地長官(右)に謝罪する日本相撲協会の八角理事長=28日午前、スポーツ庁
 大相撲の横綱日馬富士関の暴行問題で、日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)は28日、東京都内のスポーツ庁で鈴木大地長官と約30分間会談し、一連の騒動を謝罪した。同理事長は「公益法人として暴力は決して許されない」と述べ、事実関係の解明に努力する意向を示した。

 鈴木長官は「大変残念に思っている。国民の期待を裏切った」と話し、説明責任を果たすことを要請。問題を11月上旬に把握しながら、発覚するまで実質的な調査を実施しなかったことに苦言を呈し、ガバナンス(組織統治)強化とコンプライアンスの徹底を求めた。

(11月28日12時30分)

相撲(11月28日)