国内外ニュース

北海道電力が割高分を返還へ 主張を撤回、再契約顧客に

 北海道電力本店=札幌市  北海道電力本店=札幌市
 北海道電力は28日、新電力に切り替えた大口の顧客と再契約する際、最適な料金設定を適用していなかった問題で、割高分を返金する方針を明らかにした。返金を否定していた従来の主張を撤回した。

 北海道電は、2016年2月に新電力大手だった日本ロジテック協同組合(東京)の電力販売撤退が明らかになった後、新電力から再契約する顧客に対しては、供給開始から1年間、電気の利用量や時間帯に応じて割安になるプランを適用しないケースがあった。

 公取委は今年6月、こうした対応が、独禁法違反(不公正な取引方法)に当たる恐れがあるとして、北海道電に警告していた。

(11月28日11時25分)

社会(11月28日)