国内外ニュース

賢人会議、核禁止条約へ支持訴え NGOとの意見交換、広島

 「賢人会議」の意見交換会で発言するICANの川崎哲国際運営委員=28日午前、広島市  「賢人会議」の意見交換会で発言するICANの川崎哲国際運営委員=28日午前、広島市
 広島市で開かれている核保有・非保有国双方の有識者による「賢人会議」は2日目の28日午前、被爆者や核廃絶運動に取り組む非政府組織(NGO)との意見交換会を開き、核の非人道性や核兵器禁止条約を支持する意見が上がった。

 ノーベル平和賞に決まったNGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)の川崎哲国際運営委員は、禁止条約が核拡散防止条約(NPT)を補完するものと指摘。賢人会議がまとめる提言について「(保有国が禁止条約の)意義を認めた上で出してほしい」と訴えた。

 賢人会議の委員からは川崎氏の発言に理解を示す声や、核軍縮の現状に課題があるとの指摘もあった。

(11月28日11時51分)

社会(11月28日)