国内外ニュース

東証、午前終値2万2533円 米株高好感し反発

 28日午前の東京株式市場は米株高を好感した買いが優勢となり、日経平均株価(225種)は反発した。朝方はマイナス圏で推移したが、割安となった銘柄に買いが入った。

 午前終値は前日終値比37円73銭高の2万2533円72銭。東証株価指数(TOPIX)は1・37ポイント高の1778・10。

 前日のニューヨーク株式市場でダウ工業株30種平均が続伸。米国でクリスマス商戦が好調と伝わったことで投資家の意識が改善した。

 一方で、前日に北朝鮮による弾道ミサイル発射準備をうかがわせる電波信号が捕捉され、政府が警戒を強めていると伝わり、朝方に100円超下落する場面もあった。

(11月28日11時55分)

経済(11月28日)