国内外ニュース

北朝鮮がミサイル発射準備の動き 監視態勢強化と韓国政府消息筋

 【ソウル共同】韓国の聯合ニュースは28日、北朝鮮が27日、ミサイルを追跡するレーダーを稼働させ、発射基地内で通信活動が急増するなど、ミサイル発射準備とも受け取れる動きを見せたと報じた。韓国政府消息筋は聯合に対し「あらゆる可能性を視野に監視態勢を強化している」と述べた。

 ただ、これまでのところミサイルを搭載した発射台付き車両の動きは確認できていないという。韓国軍は日本、米国と情報交換しながら警戒している。

 韓国政府消息筋は「最近になり、北朝鮮のミサイル基地で動きが慌ただしくなっているのは事実」と語った。

(11月28日12時12分)

国際(11月28日)