国内外ニュース

埼玉の小6女児死亡で審議会設置 いじめ調査、鶴ケ島市

 埼玉県鶴ケ島市教育委員会は28日、同市の住宅で自殺を図ったとみられる小学6年の女児(11)が死亡した問題で、いじめの有無や死亡との因果関係を調査するため、外部の専門家による審議会を設置すると明らかにした。

 市教委によると、通っていた小学校は20日にアンケートを実施。「(女児が)悪口を言われているところを見た」との回答もあり、面談で事実確認を進めている。市教委は年内にも審議会を立ち上げ、学校の調査結果を基に検証する方針。

 浅子藤郎教育長は「悲しく残念だ。調査に漏れがないように、いじめがあるのではないかという観点を持って検証していきたい」と話した。

(11月28日12時40分)

社会(11月28日)