国内外ニュース

震災6年後、「家計赤字」が倍増 宮城、岩手でNGOが調査

 2011年の東日本大震災で被災し、経済的に困窮した状況にある宮城県石巻市と岩手県山田町の計約400世帯のうち、震災6年後も家計が赤字だったのは約6割で、震災前の約3割から倍増したことが、非政府組織(NGO)「セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン」の調査で分かった。

 被災に伴う失職や自宅再建費の負担増などが原因。今も多くの被災者が経済的問題を抱えている実態が明らかになった。

 NGOは2市町で子どもの進学資金を支援。今年2~5月、支援を受けた世帯にアンケートし、396世帯から回答を得た。

 震災から6年後の家計が赤字と答えたのは239世帯(60・4%)に上った。

(11月28日16時55分)

社会(11月28日)