国内外ニュース

貴ノ岩関の兄、横審見解に遺憾 日馬富士関に寛大処分を

 【ウランバートル共同】大相撲の横綱日馬富士関から暴行を受けた同じモンゴル出身の平幕貴ノ岩関の実兄、アディヤ・ルブサン氏(45)が28日、共同通信の電話取材に応じた。横綱審議委員会(横審)が27日の会合で日馬富士関に「非常に厳しい処分が必要」との見解で一致したことに対し「軽い処分を望む」と述べ、遺憾の意を示した。

 ルブサン氏は日馬富士関の進退について「家族全員の願い」として引退などの厳しい処分を望まないと訴え、「モンゴル人同士のけんかなら翌日に互いが謝罪して許し合える」と強調した。

 ただ「日本の司法機関が調べているので、処分は免れないだろう」とも話した。

(11月28日17時50分)

相撲(11月28日)