国内外ニュース

両親放火殺人で懲役27年 「危険で残虐」千葉地裁

 2016年7月に千葉県印西市の自宅に火を付け両親を焼死させたとして、現住建造物等放火や殺人などの罪に問われた会社役員篠田卓良被告(48)の裁判員裁判で、千葉地裁は28日、懲役27年(求刑無期懲役)の判決を言い渡した。

 楡井英夫裁判長は判決理由で「危険で残虐な犯行」と指摘した。一方で「会社経営を巡って両親と口論になったことで、突発的に殺意が生じたものの、強くはなかった」と述べた。

 弁護側は「ガソリンはまいたが着火はしていない。覚醒剤を使用していて心神喪失状態だった」として無罪を主張していた。

(11月28日17時50分)

社会(11月28日)