国内外ニュース

中国軍元指導者の自殺を報道 規律違反で調査中

 張陽・前政治工作部主任  張陽・前政治工作部主任
 【北京共同】中国国営通信の新華社は28日、軍最高指導機関、中央軍事委員会の元メンバーで、重大な規律違反の疑いで調査を受けていた張陽・前政治工作部主任が23日に自宅で首をつって自殺したと報じた。調査中の軍幹部の自殺が公式メディアで伝えられるのは極めて異例。

 軍機関紙、解放軍報は通信アプリ「微信(ウェイシン)」の公式アカウントで「自殺という手段によって、党紀と法律による処罰から逃れようとした行為で極めて下劣だ」と強く非難した。先月発足した2期目の習近平指導部が、引き続き汚職摘発を強硬に進める姿勢をあらためて示した。

(11月28日18時06分)

国際(11月28日)