国内外ニュース

世界王者の村田「一歩一歩進む」 気持ち新たに本格的な練習再開

 記者会見でポーズを取るWBAミドル級王者の村田諒太=28日、東京都新宿区の帝拳ジム  記者会見でポーズを取るWBAミドル級王者の村田諒太=28日、東京都新宿区の帝拳ジム
 10月に世界ボクシング協会(WBA)ミドル級王者となった村田諒太(帝拳)が28日、東京都内のジムで練習を再開し「世界王者になって急に強くなるわけではない。一歩一歩進んでいきたい」と他団体の王者ら強豪との対戦実現へ気持ちを新たにした。来年4月に日本で初防衛戦を行う計画という。

 アッサン・エンダム(フランス)との再戦は、7回終了TKO勝ちで王座奪取。2012年ロンドン五輪金メダルの村田は、日本で初めてアマとプロの両方で頂点に立った。31歳の新スターは「肩書を得られたことが一番大きい。世界王者になれてコンプレックスが取れた」と率直な心境を明かした。

(11月28日18時51分)

スポーツ(11月28日)