国内外ニュース

ロ選手「メダル返すより捨てる」 IOC処分に抗議

 ソチ冬季五輪バイアスロン女子24キロリレーの銀メダリスト、ロシアのイアナ・ロマノワ=2014年2月、ソチ(タス=共同)  ソチ冬季五輪バイアスロン女子24キロリレーの銀メダリスト、ロシアのイアナ・ロマノワ=2014年2月、ソチ(タス=共同)
 【モスクワ共同】ロシアの国ぐるみのドーピング問題を受けた国際オリンピック委員会(IOC)の再検査で違反が認定された2014年ソチ冬季五輪バイアスロン女子24キロリレーの銀メダリスト、イアナ・ロマノワ(ロシア)が「証拠のない決定だ。公平な決定が得られないのなら、メダルをIOCに返すのではなくごみ箱に捨てる」と述べた。タス通信が28日、報じた。

 ロマノワは、世界反ドーピング機関(WADA)やロシア反ドーピング機関の検査を何度も受けたと主張し「(IOCは)ソチでロシアにドーピング違反があったという理由だけで、私にも処分を下した」と批判した。

(11月28日20時36分)

国際大会(11月28日)