国内外ニュース

柴山氏「公明正大でない」 森友、財務省対応を問題視

 自民党の柴山昌彦総裁特別補佐は28日夜のBS日テレ番組で、学校法人「森友学園」への国有地売却額の算定がずさんだとする会計検査院報告や事前に価格交渉したとされる音声データの存在などを踏まえ、財務省の対応を問題視した。「公明正大な取引だったということはなかなか言えないのではないか」と述べた。

 同時に、財務省の担当局長として国会で追及された佐川宣寿国税庁長官が7月の就任以来、一度も記者会見を開いていないことなどに触れ「(国民が)疑問を持つことは当然だ」と指摘した。

(11月29日0時36分)

政治(11月29日)