国内外ニュース

政府、北朝鮮に最大限圧力 日米韓3カ国の連携強化

 北朝鮮の弾道ミサイル発射を受け、報道対応する安倍首相=29日午前5時56分、首相官邸  北朝鮮の弾道ミサイル発射を受け、報道対応する安倍首相=29日午前5時56分、首相官邸
 日本政府は29日の北朝鮮の弾道ミサイル発射を受け、石油供給制限などを柱とした国連安全保障理事会制裁決議の完全履行を国際社会に改めて呼び掛け、圧力を最大限まで高める方針だ。日米韓3カ国の連携を強めるとともに、大陸間弾道ミサイル(ICBM)の可能性がある今回のミサイルの性能と北朝鮮の意図を巡り、情報の収集と分析に全力を挙げる。

 安倍晋三首相は「このような暴挙は断じて容認できない。北朝鮮に厳重抗議した」と官邸で記者団に強調。「いかなる挑発行為にも屈しない。強固な日米同盟の下、国民の命と平和な暮らしを守り抜く」と述べた。安保理の緊急会合開催を求める考えも示した。

(11月29日7時36分)

政治(11月29日)