国内外ニュース

韓国大統領「強く糾弾」 先制攻撃能力を誇示

 【ソウル共同】韓国の文在寅大統領は29日、北朝鮮の弾道ミサイル発射を「強く糾弾する」とした上で「今回の挑発を韓国政府は事前に把握していた」と対応能力を強調した。韓国軍は北朝鮮のミサイル発射直後に日本海上でミサイル訓練を行った。北朝鮮による攻撃の兆候をつかみ先制攻撃能力を誇示する狙い。

 大統領府によると、文氏は29日朝、国防・安保関連の閣僚や高官による国家安全保障会議(NSC)を招集。文氏は会議で「大陸間弾道ミサイルが完成すれば、状況はどうしようもなく悪化する。米国が先制攻撃を念頭に置くような事態を防がなければならない」と危機感を示した。

(11月29日9時10分)

国際(11月29日)